FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ふしあなからのぞいた風のとおりみち  2015.8月
      
     ~私の人生は私が決める~


 先日、あるお母さんからメールをもらった。
我が子が「友達のうちに遊びに行けるようになった」というもの。おとなしい性格のこの子が、友達のうちに遊びに行けるようになった。いつも友達は来てくれるけど、我が子が遊びに行くことはない。そういう行動を取っていた我が子が、友達のうちに遊びに行った。「こんなに早く、こうやって遊びに行くようになるなんて、とてもうれしい!」お母さんは、素直に喜んでいる文面だった。
私は、「よかったねえ」と返信しながら、一言だけ付け加えた。「本人を誉めないでね! 知らん顔していてね」と。
「誉めて育てる」方式の育児が流行っている昨今、まだ小さいこの子が、お母さんやお父さんの期待を一身に集めて、誉められ続けているうちに「自分は何がしたいのか」がわからなくなるケースがある。つまり「誉められることが大事」「誉められるために自分の行動を決める」「自分のやりたいことは、誉められる範囲内でないといけない」という呪縛がかかってくることがある。
もちろん、お父さんもお母さんもとても良い人で、そんなことを思っているわけではない。つまり、子どもの側が勝手に思い込んでしまうことがあるのだ。いい子でなければいけない。大人の思った通りにしなければいけない。そして、自分自身がわからなくなっていく。そして自分自身を出せなくなっていく。
そんなケースは少ないのではないか? そう思われる人もいるかもしれない。しかし、カウンセラーの一人として、いろいろなケースに出くわす私としては、こういうケースはとても多い。
不登校になってしまったAちゃん。いじめが原因と言っていたが、カウンセリングを続けていくと、「私はいつもお母さんの言うことを聞いてきた。その私が、なんでいじめられなければいけないのか」というところから、「自分のことを自分で決めたのは、今の不登校ということだけかもしれない」ということに到達した。ここまでくればもう大丈夫。自分のことを自分で決められるAちゃんに、もうカウンセリングの必要はない。
「自分のやりたいことがわからない」といってカウンセリングに来たB君は、当時28歳。どの仕事に就いても長続きしない。カウンセリングをしていくと、やはり自分のことを自分で決めてこなかった様子。今までのことを振り返ってみてもらい、その都度「その時自分はどうしたかったの?」と聞くと、考え込んでしまう彼。自分で自分のやりたいことを考えてやる前に、周りの人からアドバイスをもらっていたようだ。
先日、夏休み中の学童さんに跳び箱を飛んでもらった。飛び板をどのくらい離して飛ぶか。こればかりはケガをしてしまうことだから、自分で決めるしかない。その時に「どのくらい離せばいい?」と言ってきた子には、思わず怒った。「自分で決めろ!」「私が決めたら、その通りやるのか?」と言って、飛び板を絶対飛べないくらい遠くに離してやった。誰も飛べるわけがないくらいの距離だ。
そう! 私たち人間は、人に誉められるからアクションを起こすのではない。自分で決めて、自分で行動して、自分でご満悦になるのだ。そうやって自分のことを知っていくのだ。
この夏も、たくさんの子どもたちが大きく育っていっている。それが証拠に、自分のことは自分で決めるということに自信のついた子どもたちは、「見て、見て」と朝から大人を求めて忙しい。
                               (代表理事 長谷川佳代子)
スポンサーサイト
2015.09.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://warashibe1992.blog58.fc2.com/tb.php/170-a967f8db

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。