上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
  思春期を考える会  定例会が再開しました

しばらくお休みしていた「思春期を考える会」定例会が9月から再開しました。場所も熊谷地域の中央の一室をお借りし、様々な方に参加していただけるようにしました。
早速、人づてに聞きつけて来ていただけたのは、行田のNさん。「ここなら近くていいわあ」と茶菓子の差し入れでご登場!
数名の参加者は前回に引き続き。お年頃の子どもを持つ保護者、学童指導員などなど。
お茶とお菓子をほおばりながらの学習会。

乳幼児期の子どもと違って、内容は「生活リズム」や「食育」なんてものじゃない。
不登校などはまだまだ序の口。ネットいじめ、援助交際、ドラッグ、引きこもり、過食拒食などなど、問題はてんこ盛り。いかに親が子育てしにくい時代なのか、子どもたち自身も育ちにくい時代なのかを浮き彫りにしていく作業。
「まずい。親でありながら、時代を知らない。子どもを知らない」なんて感じです。
ピアカウンセリングみたいなことはしないで「とにかくみんなで時代を知ろう」という感じで進んでます。                   
 興味のある方、一度のぞいてください。


   145+(2)_convert_20091114150909.jpg

スポンサーサイト
2009.11.14 / Top↑
       
お待たせしました 《思春期を考える会 定例会》 再開します・・・ 

大人が考えている子ども像と、眼の前の子どもたち、食い違っていませんか?

大人が子どもにとって良いはずと思っていることと、子どもにとって本当に良いこと、食い違っていませんか? 

子どもたちは何に傷つき、何を求めているのでしょうか?

親や教師には見えにくい「思春期の子どもたちの心や行動」の実態をのぞきこみ、その実態の中で私たち大人が「どうしたら寄り添えるのか」を考えていきたいと思います。

子どもを本当に守るということはどういうことなのか、時には泣き、時には笑い、時には怒りしながら、みんなで学習しあいませんか。

(日時)
毎月第2水曜日19:00~21:00
*第1回は、2009年9月9日(水)です
(場所)
熊谷市南口  生活クラブ くらぶるーむ
「さくら」をお借りしました。       *わらしべ関係者以外でも気軽に利用できるように、来易くて、低価格でお借りできる場所にしました。地図は裏面です。

(会費) 一回300円 (場所代・資料代・お茶菓子代含む)

主催 NPO法人 親子でつくる子育ての会 わらしべの里 思春期を考える会
                  ☎ 048-588-7970(わらしべの里)

                  004+(2)_convert_20090928135525.jpg
2009.09.28 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。