上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
  新しいお友達も入園・入所して1か月たち、少しずつ生活に慣れてきました。小さいながらも、毎日毎日、戸惑いながら自分を出してくれる姿に感心してしまいます。前からいる子どもたちも、その子たちを受け入れようと必死です。3月までの年長さんや6年生たちが引っ張ってくれている生活とは大違いで、自分が何とかしなければと、どの子も笑いながら楽しみながらも、お兄さんお姉さんぶりを発揮しようとしています。早くも年長懇談会を終えましたが、次々に各クラスの懇談会が開催されます。皆さんのお話を楽しみにしています。
 4月29日には、法人総会が開かれます。今回の法人総会では、来年度、社会福祉法人になるにあたってNPO法人とは何が違うかを洗い出していくことを目的に、皆様と意見交換をしていきたいと思います。

スポンサーサイト
2015.04.22 / Top↑
 卒園式では、皆さんのご協力ありがとうございました。子どもの育ちを親のせいにしたり、保育園のせいにしたり、学校のせいにしたりせず、大人社会すべてのせいにすると、大人が立場を超えて、協力し合っていけるのでしょうか。子どもが「社会の宝」となるには、そういう時代が来ないとダメなんだろうなあと、最近つくづく思います。その試みとしてのわらしべ。「自分の子が卒園しないのにわざわざ卒園式に出るの?!」という言葉を友人からもらったというお母さん。「わらしべでは当たり前だよね。みんなすてきだから見たいものね」と言ってくれました。自分の子だけしか見なくなった社会って寂しいですよね。
2015.03.30 / Top↑
 1ヶ月で、ぐんと陽が長くなりました。まだまだ寒さは続きますが、いち早く春を感じる子どもたちがいます。
 年長さんは、自分で作った凧を揚げるのに夢中です。小さい子たちも、それを真似して、くるくる凧を持って走っています。寒くてもお天気が良ければ「とにかく外に出たい!走りたい!」保育者は、その気持ちを汲んで、一緒に外に出て走り回るだけ。体の中の自然を大事に育ててもらった子たちは、とても素直です。
 先日、学童のお母さんから、子どもたちがその家に集まったときのことを聞きました。一通り遊び終わると「なんか走りたくなっちゃったあ」と言って、みんな外に出て行ったというのです。動くことが大好きで、身体の中から気持ちとなって出てくるのですね。もうすぐ立春です。

2015.01.29 / Top↑
 いよいよ本格的な冬になってきました。お日様が顔を出さなかった先週の寒かった日に、わらしべでも今季初めてのたき火をしました。いつもにも増して張り切って落ち葉拾いをする年長さんに交じって、ツバメさんやイルカさんもほうきを持ったり、ちりとりを持ったりしているので、「お掃除、ご苦労様です」と声をかけたら、「違うよ、たき火だよ」と声が返ってきました。そうだよね、苦労しているんじゃないものね。楽しんでるんだもんね。楽しんで生活してるんだものね。
2014.12.12 / Top↑
2012年10月 月の予定表から・・・

暑い夏もやっと終わり、子どもたちが‘走り出す’季節となってきました。本当に不思議ですが、秋風とともに子どもたちは走りだします。室内でも、活発に動き出します。夏が暑ければ暑いほど、秋にその傾向が出ます。今月は運動会です。皆さん、楽しみにしていてくださいね。祖父母参観日にいらしたおじいちゃんおばあちゃん、いらっしゃれなかったおじいちゃんおばあちゃんも、どうぞいらしてください。楽しみにしています。
2012.10.15 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。